Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

暗殺〈1964年〉

司馬遼太郎の一連の幕末暗殺史を描いた“幕末“というシリーズの中に収められてる短編小説『奇妙なり八郎』を、篠田正浩監督が好漢・丹波哲郎を得て映画化したテロリズム時代劇の秀作。浪人・清河八郎は文武に優れていた。しかし、農村出身で何の門閥もないため、極端なまでに権謀術策を用い、ついに勤皇・佐幕の両派から敵としてつけ狙われ非業の最期を遂げる。篠田正浩の凝った画面構成と、シャープなアクション処理が見事なアンサンブルを見せ、特にラストの清河八郎暗殺シーンの息をのむ映像処理は、篠田のハッタリのきいた美学が見事に昇華した名シーンであった。丹波哲郎が清河八郎に扮し、豪快な中にも滑稽味を加えた演技をみせ、彼の代表作の1本となった。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1964/日本
配給
松竹=松竹京都
上映時間
104分

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play