Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ホルショフスキ・トリオ

18/11/10(土)

HAKUJU HALL

20世紀を代表するポーランド出身のピアニスト・ホルショフスキの名を冠したニューヨーク生まれのホルショフスキ・トリオ。ホルショフスキは、長年カザルスと共に演奏活動をしていたことで知られ、日本には95歳で初来日し、盟友の名を印したカザルスホールの落成記念でのリサイタルが伝説として語り継がれています。そのホルショフスキの夫人の賛同と支援を得て結成され、今後の活躍に注目が集まる、期待のピアノ・トリオがHakuju Hallに登場。巨匠ホルショフスキの最後の愛弟子で、10代半ばでカーネギーホール、ケネディーセンターでアメリカ・デビューを果たし、アメリカやヨーロッパ各地で高い評価を得るピアニスト・相沢吏江子、既に2度もグラミー賞にノミネートされる他、作曲や編曲、ジャズの演奏と幅広い才能を発揮するヴァイオリニスト・ジェシー・ミルス、ダデラス弦楽四重奏団の創立メンバーとして室内楽の心魂を極めてきたチェリスト・ラーマン・ラマクリシュナン。名手3人によるピアノ・トリオは、古典から現代音楽まで自在なレパートリー、それぞれの演奏力の高さと緊密なアンサンブルが魅力です。プログラムは、シューマンが妻クララの誕生日を祝い作曲した「ピアノ三重奏曲 第1番」、アメリカを代表する重要な作曲家の一人であり彼らとも交友のあるウォリネンによる「ピアノ三重奏曲」、そして、第2次世界大戦中にショスタコーヴィチが親友に捧げた「ピアノ三重奏曲 第2番」。室内楽の真髄に酔いしれるひとときにご期待ください。

シューマン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op.63/ウォリネン:ピアノ三重奏曲(1983)/ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲 第2番 ホ短調 op.67

公演情報

ジャンル
オーケストラ

料金

全席指定:5,000円

キャスト&スタッフ

ヴァイオリン:ジェシー・ミルス/チェロ:ラーマン・ラマクリシュナン/ピアノ:相沢吏江子

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play