Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

百花繚乱―山口蓬春の心を魅了した花鳥の世界―

18/4/14(土)~18/6/10(日)

山口蓬春記念館

山口蓬春邸の庭は、様々な草木に彩られていたという。時に芳香を漂わせながら、季節ごとに咲き乱れる色とりどりの花。木々の間から覗く小鳥の姿とその愛おしいさえずり。庭に訪れる四季の移ろいを心待ちにしていた蓬春は、その機微を捉え、最も美しい自然の姿を写生し、自らの日本画のなかに描き留めた。「以前は風景写生にもよく出かけましたが、年をとるとどうしても身辺取材が多くなって・・・それに長年親しんできたものに熱意を感じて描くのがいいようですね。年々歳々花同じからずというとおり、同じ花でもそのときどきで見方、感じ方も変わってくる。主題も年齢、経験が大きく影響するようです。」(『富山新聞夕刊』昭和40年6月14日)と語るように、特に葉山に転居してからの蓬春は身近な光景として花鳥画を描いた。近代以降、日本画において革新への模索が試みられ、西洋絵画の摂取が盛んに行われるなか、蓬春は伝統的な画題である花鳥画を中心に日本画の近代化を目指し、新日本画創造に向けて取り組んでいったといえる。本展では、蓬春が描いた「百花繚乱」(色々な花が、華やかに美しく咲き乱れる、の意)の花鳥画を通じて蓬春の自然への恵愛の心とその想いを新日本画へと昇華させていく過程に迫る。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00(入館は16:30まで)、月曜日休館(4月30日は開館し、5月1日は休館)

料金

一般600円

※高校生以下は無料

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play