Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

紀尾井 江戸 邦楽の風景(十八)新吉原

18/11/27(火)

紀尾井小ホール

江戸幕府の公認を得た遊郭‘吉原’は、現在の日本橋人形町あたりに開設されていたが、明暦の大火(1657)によって焼失、浅草寺裏の日本堤へ移転し‘新吉原’として再出発した。江戸の人にとって歌舞伎芝居と共に最大の娯楽の場所であった‘吉原’を舞台にした芝居の黒御簾音楽、長唄、新内を通して、華やかな江戸の文化を届ける。

上演情報

ジャンル
邦楽

曲目
『新吉原の話』
『黒御簾音楽で吉原を聴く』
『助六』(長唄)
『明烏夢泡雪 浦里部屋』(新内)

出演者・曲目・演奏順は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

料金

全席指定-4,000円
学生優待-2,000円

学生席は、紀尾井ホールチケットセンター(電話)のみの取扱い。
小学生の鑑賞は保護者(成人)の同伴が必要。
未就学児の入場不可。
演奏中の入場不可。

キャスト&スタッフ

[出演]渡辺保(お話) / 鳥羽屋三右衛門社中 / 尾上菊五郎劇団音楽部 / 田中傳左衛門社中(黒御簾音楽) / 杵屋利光 / 東音味見純(唄) / 今藤長龍郎 / 稀音家六四郎(三味線) / 堅田新十郎社中(蔭囃子) / 鶴賀若狭掾 / 新内勝一朗 / 鶴賀伊勢一郎(新内)

アプリで読む