Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

久米邦武と旧久米邸―「百科の人」の仕事とくらし―

18/9/28(金)~18/11/11(日)

久米美術館

岩倉使節団の記録『米欧回覧実記』の編著者として知られる久米邦武〔天保10年(1839)~昭和6年(1931)〕は、本書完成の労に対し金500円が下賜されたのを機として、明治10年代に、目黒の永峯(現在の久米美術館のある地区)に約5千坪の土地を購入し、邸をもうけた。はじめ「林間の山荘」と称し別邸として利用していたが、明治30年代、ここに本拠を移し、以来、昭和6年に満91歳の長寿を全うするまで、この地は学究や趣味の場となった。久米邦武は、本来の史学者としてのみならず、多くの事物に関心を持ち、それらを多面的に観察し考察したことから“百科の人”とも評される。久米邦武の書斎における様々な仕事や、人々との交流の様子などを、自筆原稿・旧蔵書・写真・愛用の品などから紹介。また、江戸から現代へ時代にあわせて姿をかえていった久米邸周辺の様子も、錦絵・写真などを通して紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(10/8は開館、翌10/9振替休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般500円、大高生300円、中小生200円

※団体割引は20名以上各50円引き、要予約

出品作家

久米邦武

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play