Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

コレクション名品選3 遠山邸の調度と漆器

18/10/23(火)~18/12/9(日)

遠山記念館

同館創設者である遠山元一は、遠山邸の調度品として、さまざまな調度や工芸品を蒐集した。その中には現在重要文化財に指定されている中世蒔絵の名作「秋野蒔絵手箱」、豊臣秀吉献上品を精巧に写したとされる「蔦の細道蒔絵文台硯箱」など、美術史上極めて価値の高い作品も含まれる。また元一は昭和11年の遠山邸竣工に際し、当時の東京を代表する指物師であった前田南斉に、30点近くの調度品を発注。この南斉をはじめ、昭和時代の工芸家の優れた作品も、遠山コレクションの重要な構成要素となっている。美術館リニューアル後のコレクション名品選の3弾として、これら漆器の名品を含む調度品を一堂に会して展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、月曜日休館(祝日の場合、翌日休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人700円(団体20人以上560円)、学生500円(団体20人以上400円)、中学生以下無料

出品作家

田付長兵衛高忠、前田南斉

お問い合わせ