Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第308回企画◆ジョエル・シャピロ展

19/2/8(金)~19/2/23(土)

ときの忘れもの

1941年生まれのジョエル・シャピロはアメリカを代表する彫刻家。
単純な長方形で構成された巨大な彫刻が特徴で、国内では博多駅前の西日本シティ銀行(磯崎新設計)や川村記念美術館などに設置収蔵されている。
彫刻と異なる繊細なドローイングとともに特徴の異なる版画(シルクスクリーン、リトグラフ、リノカット、アクアチント、ポショアールなど)も制作している。
日本ではかつてギャルリームカイで紹介の展覧会がありましたが、近年は展観の機会があまりない。
本展では、1979-80年にかけて制作した初期リトグラフや、1988年にマホガニー、桜、クルミなどの多種の木を組合せて制作した木版画を見ることができる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

※2月19日は17:00まで

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む