Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

マイケル・ケンナ写真展

18/12/1(土)~19/1/27(日)

東京都写真美術館

世界屈指の風景写真家として知られるマイケル・ケンナの日本初の回顧展を開催。
マイケル・ケンナは、これまでに開催された個展が約450回、出版されたハイクオリティな写真集は約70タイトルにものぼる全世界で圧倒的な人気を誇るカリスマ的存在。崇高な美意識と独特のコンポジットの中で、移ろう自然の神秘と多様な文化への憧憬を、時には長時間露光を駆使して一葉の写真に焼きつけていく芸術性が、世界中で高く評価され、多くの写真ファンのみならずプロの写真家たちをも魅了し続けている。また、静謐で叙情を湛えたケンナのプリント作品は、ロンドンのビクトリア&アルバート美術館やサンフランシスコ近代美術館をはじめ、世界各国の著名美術館に収蔵され、その絶対的な価値を確立しているのだ。
本展では、45年に渡るケンナのキャリアの中から代表作を選りすぐって展示。長年にわたり毎年のように訪れた彼の愛する日本の写真も数多く含む展覧会となる。また、ケンナは、美しい風景描写のみならず、原発や廃れゆく工場地帯などの数々の社会的なテーマにも取り組んでおり、1988年からは約12年の歳月をかけてナチスドイツの強制収容所28ケ所の撮影を敢行、300点のプリントとネガをフランス政府に寄贈し芸術文化シュヴァリエ章を受章している。今回、特別展示として、この連作「Impossible to Forget」を日本で初めて展覧するとともに、被写体に「人物」を選んだまったく新たな試みとしてこの10年にわたり日本の古い家屋で撮影された未発表のヌード作品も、本年11月のパリでの世界初公開に続き日本初公開。すべて作家自身が暗室でプリントした約165点のオリジナルプリントにより構成される本展は、孤高の写真家マイケル・ケンナの芸術性と社会的側面を紹介する作家活動45年の集大成に相応しい画期的レトロスペクティブとなる。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日(12月24日(月・振休)および1月14日(月・祝)は開館し、12月25日(火)と1月15日(火)は休館)、 年末年始12月29日(土)〜1月1日(火・祝)休館

※木・金曜は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般 1000(800)円、学生 800(640)円、中高生・65歳以上 600(480)円

※( )は20名以上団体料金、同館の映画鑑賞券ご提示者割引、各種カード会員割引、当館年間パスポートご提示者割引(同伴の方1名様まで割引)
※ 小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
※1月2日(水)・3日(木)は通常料金

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play