Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

PATH [Editions CR: 176], 2018, pigment print with scratches, 23 x 15 cm(image), 33.5 x 25.5 cm(frame), ed. 19/25

Gerhard Richter"PATH"

19/4/20(土)~19/6/1(土)

ワコウワークスオブアート

ワコウ・ワークス・オブ・アートではこの度、2019年4月20日から6月1日まで、60年に渡り現代美術界を牽引し続けるドイツ人作家ゲルハルト・リヒターの、新作エディション作品と大型のガラス立体作品による、2年ぶり11度目の個展『PATH』を開催する。
本展の中心となるのは、世界初公開となる25点の最新エディション作品《PATH》(2018)。インクジェット写真の上に、ひっかき傷によるスクラッチ痕を施したこの作品は、作家とギャラリーとの四半世紀に渡る関係が契機となり制作されたものである。初めてリヒターが日本で個展を開いた1993年(ゲルハルト・リヒター展、ワコウ・ワークス・オブ・アート)から、数えて25年となった2018年に、全25点のエディション作品として制作された。本展ではドイツに残した1点を除く、24点を一挙に展示する。1960年代から油彩画を中心に制作活動を開始したリヒターは、その活動初期である1965年に最初のエディション作品《dog》を発表し、以来、最新作の本作に至るまで176シリーズのエディション作品を発表している。《PATH》は、すべて同じ風景写真を印刷した25点のインクジェットプリントの上に、1点ごとに異なるストロークでスクラッチ痕を施した、ユニークエディション作品。ベースとなるのは、作家がイタリア北部にある保養地マッジョーレ湖の湖畔で撮影した、森の小径の風景写真である。
インクジェットプリントを引っ掻くという制作方法は、エディション以外の作品も含め、リヒターの制作史上、本作で初めて用いられる表現である。美しい緑の風景を印刷した顔料インクの下から、ひっかき傷を介して、支持体の素材そのものとまっさらな白さが表出し、イメージの存在のあり方を問いかけ始める。
油彩画作品の中では、これまでも絵の具を削ぐ・削るといった手法が繰り返し試みられてきた。特に近年、2014年以降のアブストラクト・ペインティングでは、細い切っ先で絵の具を削り、カンバスを暴き出すという作業は顕著に用いられている。
また、イメージやその再現を問いかける事のできる写真、そして表象の歴史と関係の深い風景というふたつの主題は、作家にとって重要なモチーフであり続けてきた。
このように、《PATH》はエディションでありながらもペインティング作品との関連性が色濃い作品である。リヒターが生涯に渡り追求するイメージそのものへの問いかけが、インクジェットプリントの上、紙と顔料インクという新しい関係性の中で実践されている。
また本展では同じ展示空間で、2012年の当画廊での個展『New strip paintings and 8 glass panels』で発表した大型のガラス立体作品《8 Glass Panels》(2012)を特別再展示する。光を反射しそして透過させるガラスという素材は、写真と同様に、イメージの実態を問う手がかりのひとつとして、リヒターの中で重要な素材として扱われて来た。周囲に展示されるインクジェットプリントと、ガラス作品の関係を介して、イメージの表出と消失という複合的な問いかけが、空間の中で可視化される。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊(大型連休は休廊)

料金

無料

出品作家