Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

浮世絵ねこの世界展

18/4/6(金)~18/5/13(日)

八王子市夢美術館

現在、日本では猫が大ブームになっていると言われている。甘えてくるかと思えば、いたずらをしたり、時には窓の外をじっと眺めて、何か人には思いもかけないような考え事をしているようにみえたり。多彩な表情を見せてくれる猫は、私たち人間にとってもはやペットという領域を超え、友人ともいえる存在である。
江戸・明治時代の浮世絵師たちは、そんな愛すべき猫たちの姿を、様々な形で描き出した。ありのままの姿を写実的に描いた猫、美人や子供たちの傍で幸せそうな様子の猫、擬人化され、人間のように振る舞う猫、そして妖怪「化け猫」など。本展覧会では、歌川国芳、歌川広重、歌川国貞、歌川豊国、渓斎英泉など、人気の浮世絵師たちが描いた「浮世絵ねこの世界」を一挙に紹介。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~19:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日休館

祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館

料金

当日一般 600円
学生(小学生以上)・65歳以上 480円

*未就学児無料
*土曜日は小・中学生無料
*15名以上は団体割引料金(2割引)を適用

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む