Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

坊っちゃん〈1935年〉

夏目漱石の同名小説の最初の映画化。監督は、東宝の屋台骨を支えた監督の一人、山本嘉次郎で、彼にとっては東宝の前身P・C・Lに入社して3作目にあたる。内容は、松山の中学教師として赴任してきた江戸っ子の坊っちゃんが、野ダイコ、赤シャツといった権力に迎合する人々と反目し、我を通して去って行くというもの。この作品のヒットは、のちの東宝文芸路線の基盤を築いた。

上映情報

ジャンル
青春ドラマ 日本映画
制作年・国
1935/日本
配給
P・C・L
上映時間
111分

キャスト&スタッフ