Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

玉川上水

18/8/28(火)~18/9/24(月)

東京都江戸東京博物館

2018年9月、「国際水協会(IWA)世界会議・展示会」が、日本で初めて東京で開催される。研究者や企業が世界100カ国 から集まり、水環境に関する最新の知見と技術を共有する国際会議だ。これを機会に、江戸東京博物館では、特集展示「玉川上水」を開催する。今日の東京の上下水道の歴史は、江戸時代初期にさかのぼる。江戸の街づくりにとって、水の確保は重要な課題のひとつだった。赤坂溜池の湧き水を利用したり、神田川の水を引き入れ神田上水を整備するが、江戸の人口増加に伴い、十分な水が確保できなくなる。そこで注目されたのが、水量豊富な多摩川。玉川上水は、多摩川の中流域にあたる羽村を取水口とし、全長43kmの道のりを経由し、四谷大木戸からは、網の目に張り巡らされた地下水路を通って、江戸市中の人々に水を供給した。着工から竣工まで1年足らずという異例の早さで、1654年(承応3)に完成したと伝えられる。傾斜がほとんどない平坦な地形のなか、長距離にわたって、安定した供給を実現した背景には、当時の高度な開削技術があった。浮世絵や文書、模型、実際に使われていた井戸や水道管などから、人々に潤いをもたらした玉川上水に迫る。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30~17:30、9月3日休館

※入館は閉館の30分前まで
※土曜日は19:30まで
※8月31日(金)はサマーナイトミュージアムのため21:00まで

料金

一般600円、大学生・専門学校絵師480円、中学生(都外)・高校生・65歳以上300円、中学生(都内)・小学生以下無料

※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証・運転免許証など)のご提示をお願いいたします
※次の場合は常設展観覧料が無料です。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。入館の際は各種手帳等のご提示をお願いします。
※毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は常設展観覧料が無料です。年齢を証明できるものをお持ちください。
※家族ふれあいの日(9月15日・16日)に観覧の、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)2名の料金が半額となります。保護者が都内在住者であることを証明できるものをお持ちください。
※8月31日(金曜日) はサマーナイトミュージアムのため17:00から常設展観覧料がサマーナイトミュージアム割引で学生・中高生無料、一般・65歳以上は団体料金となります。

出品作家

歌川広重