Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小林美恵 華麗なるヴァイオリンの伝説 第2回「ヴェルサイユの光と影」~小林美恵 フランスを弾く

18/9/17(月)

HAKUJU HALL

ロン=ティボー国際コンクールヴァイオリン部門に日本人として初優勝の快挙を成し遂げて以来、日本屈指の実力派ヴァイオリニストとして活躍を続けてきた小林が、「フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか」などの著書でも話題の作家・文化芸術プロデューサーの浦久俊彦をパートナーに歴史・アート・社会など、これまでにない多彩な角度からヴァイオリンの神秘と魅力を徹底解剖。ヴァイオリンファンからクラシック音楽の初心者まで、誰もが楽しめる新時代のトーク&コンサートの第2回は「ヴェルサイユの光と影」。フランス音楽史に燦然と輝くヴァイオリン音楽の歴史を辿ります。共演は16歳でフランス政府給費留学生として渡仏、パリ国立高等音楽院で学び、ショパン国際ピアノコンクールに日本人最年少で入賞したピアニスト、横山幸雄。ワインエキスパートの資格を持ちワインにも造詣が深い横山と、パリで学び、フランスを拠点に文化芸術プロデューサーとして長年活動してきた浦久とともに、映像資料とトーク、演奏でフランス文化の真髄を探ります。

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番 ホ長調 BWV 1006より“ガヴォット”/リュリ伝:ガヴォット ニ短調/ルクレール:ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 op.9-3/ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト短調/フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調  他

公演情報

ジャンル
オーケストラ

料金

全席指定 5,000円

キャスト&スタッフ

ヴァイオリン
小林美恵
ピアノ
横山幸雄
ナビゲーター
浦久俊彦
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play