Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

養蚕機織図屏風と古九谷様式

19/2/28(木)~19/3/31(日)

東京黎明アートルーム

蚕を育て、繭から生糸を紡ぎ、機を織る様子が描かれている《養蚕機織図屏風》を展示。本屛風は狩野派の二代目・狩野元信の筆と伝えられているものである。六曲一双屛風という大きな画面のなかで、養織作業の工程と背景の季節が、画面右から左へと進んでいく。養蚕機織の画題は、農民の苦労を知るという意味で、帝王教育の一環として中国で耕作図とともに描かれたものだ。日本にも、梁楷(りょうかい)筆「耕織図巻」が伝わっていたことが知られている。本屛風と対をなすと思われる《四季耕作図屏風》は現在アメリカにあるようだ。
陶磁器は、常設の中国の陶磁器15点に加え、江戸時代に肥前(現在の佐賀県と長崎県)で作られた色絵作品(古久谷様式)を展示する。その他、アジアの彫刻8点、唐時代の俑2点、そして岡田茂吉作品などを展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、3月3日(日)休館

※3月21日(祝・木)は14:00〜20:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般400円、20歳未満無料

※障害者手帳をお持ちの方及び介添者は200円引き

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play