Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

グリード

18/11/12(月)

アテネ・フランセ文化センター

超大作を連発し、ユニバーサルを首になったE・フォン・シュトロハイムがゴールドウィン(MGMの前身)で撮った作品。F・ノリスの小説『マクティーグ』を下敷きに、モグリの歯科医師マクティーグと、その妻となるトリナ、そしてマクティーグの親友マーカスとの愛憎のもつれを、すさまじいばかりの筆致で描いていく。宝クジに当たったばかりに貪欲で金銭への執着が激しくなるトリナに辟易ぎみのマクティーグ。だがマクティーグを妬むマーカスは、彼がモグリであることをバラしてしまい、マクティーグは日雇い労働者に落ちぶれ……。完全主義者シュトロハイムは、無声映画であるにもかかわらずセリフをすべて俳優たちにしゃべらせ、衣裳や人物たち、あるいは背景の描写など、細かい部分にまで完全であることを求めた。ゆえに完成当初、フィルムは全部で47巻(およそ9時間半)あったといわれる。それを4人の編集者が現在の10巻にまとめ、公開された。

アプリで読む