Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

夜霧よ今夜も有難う

ボギーとバーグマンの「カサブランカ」を日活が翻案して、石原裕次郎と浅丘ルリ子で映画化した。横浜でナイトクラブを経営している相良の前に、かつての恋人が突然姿を現し、彼女の夫である東南アジア出身革命指導者・グエンの密出国に力を貸してくれという。最初は冷たく断わっていた相良だが、やがて……。そろそろ青年期から離れるところにさしかかっていた裕次郎(当時33歳)をうまく使ったムード・アクション。構成は「カサブランカ」そのままだが、情感たっぷりの名セリフが裕次郎にふさわしく散りばめられていた。同名の主題歌は映画に先行して大ヒット。

アプリで読む