Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

18/10/6(土)~19/1/14(月)

東京都庭園美術館

両大戦間期のフランスに花開いたアール・デコ。この時期に盛んとなった非ヨーロッパ圏の文化・美術との出会いは、アール・デコの美意識と造形に大きな影響を与えた。1909年の登場から、瞬く間にパリを席巻したロシア・バレエと1925年にアメリカから渡り、時代のアイコンとなったダンサー、ジョゼフィン・ベイカー、1922年のツタンカーメン王墓の発見、自動車メーカーのシトロエンが行ったアフリカ縦断プロジェクト「クロワジエール・ノワール」とアジア横断プロジェクト「クロワジエール・ジョーヌ」、そして1931年開催のパリ国際植民地博覧会など。様々なトピックが、両大戦間期のパリを賑わせた。
この時代に美術家/デザイナーたちは遠い地のどのような造形に注目したのだろうか。いち早くその価値に目を向けたのはファッションの分野だった。パリ随一のファッション・デザイナーであったジャック・ドゥーセは、ピカソら前衛美術家たちのパトロンだったが、同時にアフリカ美術の造形にも革新的価値を見いだした。ポール・ポワレは中近東風の衣装による夜会「千二夜」を開くなど、その非日常性に着目し、色彩やスタイルの刷新につなげた。ジャポニスム、あるいはより広くアジアへの関心は、あらたにモダニティーへの触媒として、再解釈された。そこには、建築家で、デザイナーのアイリーン・グレイや装飾美術家ジャン・デュナンらに漆を教えた菅原精造や象牙彫刻家ウジェニー・オキンら日本人美術家の存在もあった。
本展では、アフリカやアジアに取材したダイナミックな絵画、彫刻を含め、30年代美術館、装飾美術館、モビリエ・ナショナルなど、フランスの美術館所蔵の国内初公開作品を中心にした約85点を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)、第2・第4水曜日(10/10、10/24、11/14、11/28、12/12、12/26、1/9)および年末年始(12/28〜1/4)休館

※11/23、11/24、11/30、12/1、12/7、12/8は、夜間開館20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

料金

前売・団体一般960円、大学生(専修・各種専門学校含む)760円、中学生・高校生480円、65歳以上480円
当日一般1200円、大学生(専修・各種専門学校含む)960円、中学生・高校生600円、65歳以上600円

※団体は20名以上。
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
※教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。

出品作家