Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

落合芳幾

18/8/3(金)~18/8/26(日)

太田記念美術館

落合芳幾(1833~1904)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師。月岡芳年と競作した「英名二十八衆句」という血みどろ絵や、明治の事件を報道した新聞錦絵など、浮世絵の歴史を語る上で欠かせない作品を数多く制作しているが、月岡芳年や小林清親、河鍋暁斎などの著名な絵師たちの影に隠れ、その名前はほとんど注目されてこなかった。
本展は、落合芳幾の知られざる画業の全貌について、代表作を含む80点以上の作品を通して紹介する、世界で初めての展覧会となる。

開催情報

ジャンル
美術館

10:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)、8月6、13、20日休館

料金

一般700円、大高生500円、中学生以下無料

出品作家

落合芳幾

お問い合わせ