Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

被ばく牛と生きる

19/3/9(土)

gardens' cinema

原発事故以降の福島と農家を見つめるドキュメント

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故の影響で、大きな困難に見舞われた畜産農家の奮闘を追ったドキュメンタリー。国が決定した“被ばく牛“の殺処分に納得できず、経済価値のない牛を生かし続けようとした農家の5年余りの闘いを見つめる。福島の現実を映し出すと共に、生き物の命の尊厳を問いかける。竹下景子がナレーションを担当。

2011年5月、農水省は原発事故によって放射能に汚染された食肉の流通を止めるため、20キロ圏内にいるすべての家畜の殺処分を通達する。多くの牛が処分された一方で、国の指示に逆らい、被ばくを覚悟し、莫大な費用をかけて牛を守ろうとする農家が現れる。

上映情報

ジャンル
ドキュメンタリー 日本映画
制作年・国
2017/日本
配給
太秦
ヘッド館
ポレポレ東中野
上映時間
104分
公開日
2017/10/28(土)

キャスト&スタッフ

アプリで読む