Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「近代日本画壇の精鋭たち」展

18/3/20(火)~18/5/20(日)

講談社野間記念館

明治40年、(1907)、政府は文部省主催の美術展覧会(文展)を開設、さらに大正8年(1919)帝国美術院主催の美術展覧会(帝展)に改組した。これら"官展"に対し、横山大観を中心とする旧日本美術院派は、同3年(1914)日本美術院を再興、本格的な在野運動へと進んでいった。ことに、大正から昭和初期にかけては、文、帝展を主舞台とした東京画壇と京都画壇、さらに在野の大観率いる日本美術院とがそれぞれ独特の存在感を示して鼎立しており、近代日本画壇は、さながら百花繚乱の様相を呈していた。本展では、まさに、この時期に重なって形成された野間コレクションから、近代日本の絵画革新運動を牽引してきた精鋭達による美の光彩を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00(入館は16:30まで)、月・火曜日休館(祝休日の場合は水曜日以降に振り替え)

※2018年5月1日、2日、5月21日(月)~25日(金)は休館

料金

一般500円、学生300円

※小学生以下無料

出品作家

アーティスト
杉本博司
アプリで読む