Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

メトロポリス〈1926年〉

18/8/13(月)

シネマヴェーラ渋谷

1926年、ドイツのウーファ社が製作した、サイレント時代の後期を飾るSF大作。2026年の大都会メトロポリスを舞台に、ひと握りの支配者と彼らに抑圧される民衆の姿を対照的に描く。ロボットのごとく働かされる地下工場の労働者の娘が、社長の息子に悲惨な現状を説く。それを知った社長は、娘を監禁、彼女そっくりの人造人間を造って事態を収拾しようとするが……。現代を予見した独創的なアイデア、スケールの大きさ、見事な特殊撮影と、すべての点で抜きんでたラング監督の最高傑作。完成時の上映時間は3時間であったが、公開時にラング自身によって2時間30分に再編集された。しかし、現存するバージョンはさらに7巻分を削除、再構成を施したアメリカ編集版。

アプリで読む