Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

音楽と舞踊の小品集 水・空気・光 横浜美術館企画展「モネ それからの100年」によせて

18/8/30(木)

横浜みなとみらいホール 大ホール

今夏、横浜美術館で印象派を代表する画家、クロード・モネの普遍的な魅力に迫った展覧会が開催される。この展覧会に寄せて、男性4人の若き精鋭がピアノ、ヴァイオリン、チェロの小品をプログラムに据えたコンサートを開催。三部構成のコンサートはモネの作品世界と呼応しており、第一部は'水'、第二部は'空気'、第三部は'光'というテーマを設けている。そして第二部においては、聴き慣れた楽曲を、舞踊家の身体表現を通して表現。中村恩恵の委嘱作品とともに注目は、コダーイのピアノ小品を奏でるなかで上演されるマーサ・グラハムの名作'LAMENTATION'(ラメンテーション)。モダン・ダンスのパイオニアとして知られるマーサ・グラハムのこの作品は、チューブ型の布を纏いあたかもダンサー自身の皮膚のように苦悩や嘆きが表現される圧倒的な作品。日本では上演機会がなかなかない価値の高い舞台!この作品を上演するためだけに、マーサ・グラハム舞踊団のプリンシパルダンサーが来日

ドビュッシー:喜びの島、チェロ・ソナタより第2・3楽章、ヴァイオリン・ソナタより第1楽章/サン=サーンス:白鳥/マスネ:タイスの瞑想曲/スクリャービン:12のピアノ練習曲 作品8より第11番/ラヴェル:ツィガーヌ/メシアン:時の終わりのための四重奏曲より第5楽章“イエスの永遠性の賛美”/コダーイ:9つのピアノ小品 作品3より第2番/カタロニア民謡(カザルス編):鳥の歌/ドビュッシー:月の光/ラヴェル:組曲「マ・メール・ロワ」より ”第1曲 眠れる森の美女のパヴァ―ヌ” ”第3曲 パゴダの女王レドロネット” ”第5曲 妖精の園”、ピアノ・トリオより第3・4楽章

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

全席指定:4,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

アプリで読む