Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ハート・ロッカー

10/3/6(土)

TOHOシネマズ みゆき座にて公開

爆発処理班に現れた謎のリーダーの真実

世界で最も危険な仕事=アメリカ軍爆発物処理班の活躍を描き、アカデミー賞の最有力と目される作品。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー監督が、爆弾処理を巡る緊迫した人間ドラマを描く。主演はジェレミー・レナー。また、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モースなど、豪華実力派俳優陣が脇を固めているのも話題。

'04年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ軍の爆発処理班に新しいリーダーとして就任したウィリアム・ジェームズ二等軍曹は、基本的な安全対策も行わず、部下たちを不安にさせるばかり。彼は虚勢を張るただの命知らずなのか、それとも勇敢なプロなのか。

アプリで読む