Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京ムジーククライス 第12回定期演奏会

18/9/2(日)

紀尾井ホール

東京ムジーククライスは、バロックや古典・ロマン派の宗教曲の演奏を目的に、2006年10月、若手社会人や学生によって設立された合唱団、演奏団体。 常任指揮者には、バッハ・コレギウム・ジャパン等で広く活動中の渡辺祐介氏を迎え、また、国内外で活躍する気鋭の音楽家を数多く指導者・演奏者として招聘し、演奏活動を行う。 本公演では、ブラームスの珠玉の名作《ドイツ・レクイエム》をピアノ連弾版にて、またブラームスの良き理解者であり、擁護者でもあったシューマン夫妻の合唱曲を上演。

ヨハネス・ブラームス:《ドイツ・レクイエム》『ピアノ連弾版』作品45、《6つの四重唱曲集》作品112/クララ・シューマン:《エマニュエル・ガイベルの詩による、四声無伴奏合唱のための3つの歌》/ロベルト・シューマン:《隠そうとしても…(俗称:裏切り)》作品74-5(スペインの歌 作品74より)、《流浪の民(ジプシーの生きざま)》作品29-3(3つの詩 作品29より

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児の入場不可。

料金

全席自由:2,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

アプリで読む