Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

青春の門 自立篇〈1977年〉

前作『筑豊篇』に続く第2作で、スタッフは前作と同じ。昭和29年、信介は故郷の筑豊をあとに上京し早稲田大学に入学した。やがて、信介は石井講師の家に住み込み、ボクシングのコーチを受けながら、アルバイトに励んだ。演劇部の緒方は、貧乏生活のしのぎ方から新宿2丁目の遊び方までを信介に手ほどきする。新宿2丁目の娼婦・カオルは暗い過去のある女で、ある日、石井と衝動的に心中をはかる。やがて、信介の幼なじみの織絵が上京し、妊娠を告げた。浦山は信介の青春と彼の出会う人々を通して、自身の青春を追慕するかのごとく、ひたむきな青春像を共感をこめて描いた。

上映情報

ジャンル
青春ドラマ 日本映画
制作年・国
1977/日本
配給
東宝映画
上映時間
162分

キャスト&スタッフ

アプリで読む