Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

岩合光昭写真展 ねこづくし

19/4/23(火)~19/6/30(日)

川崎市市民ミュージアム

1950 年に東京に生まれ、動物写真家の父・岩合徳光に同行したガラパゴス諸島で二十歳を迎えた岩合光昭は、その大自然を目の当たりにし、動物写真家を志す。1979 年には『海からの手紙』で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞、世界的グラフ雑誌『ナショナルジオグラフィック』の表紙を二度飾るなど、その作品は国内外で高い評価を得ている。こうした大自然に育まれる野生動物の姿を追う一方で、人々の暮らしの傍らで生きる猫へも眼差しを向け、岩合がとらえた猫たちの写真は多くの人々の心を惹きつけてきた。
2012 年には NHK BS プレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」が放送を開始、2019 年 2 月には初映画監督作品『ねことじいちゃん』が公開されるなど、その活動の幅を広げている。
本展では、「島の猫」、「やきものの里のネコ」シリーズを中心に、岩合が日本各地で撮影した猫たちの写真作品、200 余点を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日、5月7日(火)休館

※ゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)は休まず開館
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般800円(640円)、学生・65歳以上600円(480円)、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金。
※障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料。

出品作家

アプリで読む