Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版

18/5/25(金)~18/7/1(日)

八王子市夢美術館

歌川広重(1797-1858)は、天保3年(1832)の夏、京都御所へ御料馬を献上する八朔御馬進献の行事を記録するため江戸から京都へ上ったといわれる。そして、翌年の天保4年(1833)にこの道中のスケッチをもとに描いた《東海道五拾三次之内》が保永堂と僊鶴堂から共同で出版、のちに保永堂の単独出版となり天保5年(1834)、53か所の宿場町に日本橋と京都を加えた全55図の大判錦絵として完結。これが今日最も良く知られる「保永堂版」の東海道である。本作は当時人々の旅や行楽への欲求を背景に大ヒットとなり、広重30代の出世作となった。そして、名所絵師としての確固たる地位を築いた広重は生涯にわたって20種類以上もの東海道シリーズを制作する。そのーつが広重が50代で描いた「丸清版」の東海道。本作《東海道》は嘉永2年(1849)、丸屋清次郎の寿鶴堂から出版され、画題が隷書体で書かれていることから通称「隷書版東海道」とも呼ばれる。本展ではこの「保永堂版」と「丸清版」を同時に展示、また、大正時代に撮影された宿場の写真もあわせて展示する。同じ宿場を描きながらも構図や、色数、題材への捉え方の違いなどを二つの東海道の風景を比べながら楽しむことができる。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~19:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日休館

料金

一般500円、学生(小学生以上)250円、65歳以上250円

※未就学児無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(付き添いの方は1名まで無料)

出品作家

アーティスト
歌川広重

お問い合わせ

アプリで読む