Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ちがう、をうみだす 自然生クラブとクレアム

19/3/15(金)~19/6/16(日)

もうひとつの美術館

筑波山の大地にしっかりと根ざし、多彩なる万物の生命を謳歌したかのような自然生クラブの作品、そして、アール・ディフェランシェ(Art différencié :異才の芸術)を実践し、異彩を放つクレアム(Créahm)の日本にて収蔵されている作品を紹介する。
筑波山南麓に、1990年より、知的ハンディキャップのある人たちと共同生活をしながら、有機農業を中心とした環境運動に取り組みつつ、その生活から生まれた感性を太鼓やダンス、絵画、造形などで表現している、自然生クラブというグループがある。
2001年にNPO法人となり、地域の米蔵を田井ミュージアムとしてシアターとアトリエをつくり、そしてオーガニックカフェ・菓子工房のソレイユも併設し運営している。自然生クラブの「創作田楽舞い」は、海外への出演も多く、ヨーロッパでの公演を契機に、アール・ディフェランシェ (Art différencié:異才の芸術)を実践する芸術団体ベルギーのクレアムとのアート・イン・レジデンスなどで交流を深めてきた。
クレアム(Créahm)は、CREAtivite et Handicap Mental(「創造的活動と知的障がい者」の意味)の略です。知的障がいを持つ人々も、音楽を演奏したり、絵を描いたり、演技をしたり、ダンスをしたり、歌ったり、自己表現できるという基本的な考えのもとに、表現活動の環境を整え、必要なサポートをするNPO(非営利団体)として、1979年、ベルギーのリエージュで設立された。絵画、音楽、演劇、ダンスなどのワークショップを開催するだけでなく、いろいろな地域の障がいを持ったアーティストの創作作品を紹介・保存するMAD美術館(Mad :Musee de l’Art Differencie)やMADCAFEも運営している。
もうひとつの美術館は2007年から2008年にかけて、クレアムの作品約200点を借受け、展覧会「大地の歌を描く人々」(2007年)、「クレアムふたたび」(2008年)にてクレアムの作品の数々を紹介し、また彼らの作品の幾つかを収蔵した。そして自然生クラブもクレアムとの親しい交流から彼らの作品を収蔵している。それらの収蔵作品と日本での滞在時に制作した作品などを合わせて紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(ただし4/29〜5/6は開館、5/7~5/9は休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人800円、大学生500円、小中高生・70歳以上・障害者・重度の方付き添い400円

※団体20名以上10%引(要予約)

お問い合わせ

アプリで読む