Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

19/4/13(土)~19/6/2(日)

足利市立美術館

南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」。1994年に設立され、ギータ・ウォルフとV.ギータという二人のインド人女性が中心となって活動している。タラブックスを代表するのが美しいハンドメイドの絵本。インドの民俗画家による絵を、ふっくらとした風合いの紙に版画の技法で印刷し、職人が糸で製本した、工芸品のような本だ。インドには各地に多様な民俗芸術の伝統があり、住居の壁や床に絵を描いたり、工芸品を作ったりしている。多くのインド人にとってもなじみの薄かったこうした民俗芸術を出版に結びつけたのは、とても画期的なことだった。
ハンドメイド本以外にも、タラブックスは多彩な本を刊行している。画家、編集者、デザイナー、印刷職人らによるチームワークから生み出される本は、教育や社会問題をテーマにしたもの、本の形状に特徴があるものなど、とてもユニークだ。
本展は、タラブックスの本づくりの全容を伝える初の展覧会。ハンドメイド本を中心に、本や原画、写真や映像など約300点の資料を通じて、その魅力をたっぷりと紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00、月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般700(560)円 高校・大学生500(400)円、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金
※各種障がい者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料となります。
※「あしかが いきいきパスポート」をお持ちの方および両毛広域都市圏内にお住まいの65歳以上の方は無料です(住所・年齢を確認できるものをご提示ください)。
※第3日曜日「家庭の日」(4月21日、5月19日)は、中学生以下のお子さまを同伴のご家族は無料となります。

お問い合わせ

アプリで読む