Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

眠狂四郎無頼控 魔剣地獄

1956~58年に東宝で鶴田浩二の眠狂四郎シリーズが3本作られたが、これはその3作目。将軍の娘・高姫を操る薬種問屋“相模屋“は、老中が隠匿した五万両を狙うとともに、ニセ狂四郎に辻斬りをさせ江戸を恐怖に陥れていた。短命に終わったシリーズだが配役は豪華である。

アプリで読む