Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)2018 Koichi Onishi

津軽のカマリ

19/6/16(日)~

浦河大黒座

初代・高橋竹山の人生に迫るドキュメンタリー

津軽三味線の名人であり、80代で喉頭ガンを患いながらも舞台に立ち続けた、初代・高橋竹山を追ったドキュメンタリー。沖縄や三陸野田村など、高橋のルーツをたどり、彼の姿を再確認していくことで、その華やかな栄光と過酷な人生を紐解いていく。監督は、3万人もの観客を動員したドキュメンタリー映画『スケッチ・オブ・ミャーク』の大西功一。

明治生まれの津軽三味線の巨星、初代・高橋竹山。彼は幼少期に患った麻疹が元で、視力をほとんど失った。福祉の整っていない時代、北東北の過酷な環境下での庶民の暮らしは貧しく、高橋はただ生きていくために三味線を習い、門付けをしながらさまよっていた。

上映情報

ジャンル
ドキュメンタリー 日本映画
制作年・国
2018/日本
配給
太秦
ヘッド館
ユーロスペース
上映時間
104分
公開日
2018/11/10(土)

キャスト&スタッフ

アプリで読む