Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

お友達 2019 acrylic on canvas 162.0×145.0cm ©Atsushi Fukui

福井篤 「アルカディアン」

19/2/16(土)~19/3/9(土)

小山登美夫ギャラリー

福井篤の絵画作品には、自らの独創的な思考に基づいた、平和で静謐な理想郷的世界が広がる。キノコや木などの植物、森の中の少女、動物、現代の日常空間の断片や、太古の昔、壮大な宇宙。様々な要素が響き合い、まるで神話時代にさかのぼる壮大な叙事詩のような、時空間を超越した遥かなイメージとスケール感が生み出されている。
細緻に描かれた風景やモチーフは、青みがかった澄んだ色使いと美しいマチエールにより、隠喩的かつ哲学的な世界として現われてくる。福井自身、「全体を通した具体的なストーリーはないですが、お話があるかのように見せるのが好きです。」(『イラストレーション』、玄光社、2005年3月号)と語るように、描かれたイメージは写実的で一見わかりやすく見えるが、それらは何か固定の意味を示すというより、ある概念や現象の「象徴」であるといえるだろう。鑑賞者は、作品にある断片のイメージをつなげて自分で物語を紡いで行くような、異界の想像力の旅へといざなわれる。
彼の作品の筆触やテーマは、少年時代魅了されていた欧米のSF・コミックスからの影響や、一度はミュージシャンを目指し10年間アートと離れた経歴にも繋がっており、ミュージシャンのデイヴィッド・シルヴィアンのレコードジャケットの装画やコラボレーションも手がけている。
本出展作は、「もしも100年前に、地球と地球外の文明とのオープンなコンタクトが起こっていたとしたら、もっと自由で驚きに満ちた世界になっていたかもしれない」というテーマに基づき、地球外文明と地球の文明が融合した100年後の世界や、そこに住む人々を現している。
それは福井にとっての「アルカディア」(理想郷)、「アルカディアン」(理想郷の住人達)であり、イメージとして現れてくる自分の理想に近い架空のタイムラインの世界を、現在のタイムラインの姿と混ぜて作品にしている。
作品の中の「アルカディア」には、人影は多くない。わずかに描かれる「アルカディアン」は、ストーリーを語る主人公のように存在している訳でもなく、感情を伝えるでもなく、ただ「アルカディア」の一要素であり、まるで目に見えない何かを視覚化するために人間の姿を借りた「擬人像」のようである。
地球と宇宙、現代と未来と過去。どこが軸になっているのかわからないような時間と空間の未分化状態が、観る者に不思議な感覚を与え、ここから何か大きな出来事が起こるのではという予感を感じさせる。そして、普段意識することが少ない、自分の存在を含む大気が無限の宇宙とつながっている一体感を感じ、宇宙とはなにか、自然と人間はいかなる関係を保てるのか、実際のところ、時間の観念というのはどのように知覚されうるのかというような、深遠な問題を考えるきっかけにもなるだろう。
また、本出展作の大きな特徴として、今までの欧米のコミックに影響されたアウトラインを描いてから色を塗る手法から、アウトラインが曖昧なよりペインタリーな表現に変化したことがあげられる。それにより、画面に一層の一体感と柔らかさを与えている。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む