Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

新篇 丹下左膳 隻眼の巻

中川信夫が演出した、東宝版第3作。大河内伝次郎が日活作品に続き当たり役を演じている。原作者が林不忘となっていないのは、川口松太郎が林の遺族から権利を譲り受けたため。川口はこれを“新篇“と名付け、新聞に連載した。第1作で名誉を失い、第2作で右腕を斬られた左市が、本膳では右目を潰され、ここに御存知“丹下左膳“が誕生する。しかし、この東宝版の評判は悪く、この3作目が公開されたのは2作目から1年後であり、ついに5作目となるはずであった“完結篇“は製作されなかった。1作目は渡辺邦男、2作目は山本薩夫、4作目は萩原遼が監督したが、フィルム・センターに収蔵されたのは唯一中川作品のみである。

上映情報

ジャンル
日本映画 任侠/時代劇
制作年・国
1939/日本
配給
東宝東京
上映時間
67分

キャスト&スタッフ

アプリで読む