Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

スカイラブ

13/3/30(土)

シアター・イメージフォーラムにて公開

監督ジュリー・デルピーが手がける群像劇

『恋人までの距離』などで女優として活動し、『パリ、恋人たちの2日間』で演出家デビューを果たしたジュリー・デルピーの監督第3作目となる人間ドラマ。1970年代後半のフランス・ブルターニュ地方を舞台に、祖母の誕生日を祝うために集まった親族の人生模様を群像劇として描き出す。共演は『愛、アムール』のエマニュエル・リヴァ。

子供と夫と旅行に出かける列車の中でアルベルティーヌは車窓から田園風景を見ながら1979年のある日のことを回想していた。それは、アメリカの打ち上げた人工衛星スカイラブが地上に落下するといわれていた日の前日、彼女の祖母の誕生日のことだった……。

アプリで読む