Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本フィルハーモニー交響楽団 コバケン・ワールド Vol.21

19/3/10(日)

サントリーホール 大ホール

コンサート前半にはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を。「古典派」のエッセンスを凝縮したような様式美と、「ロマン派」を予感させる豊かな歌心とが見事に合致し昇華された、まさに人類の宝とも言えるこの作品を、今ヨーロッパでもっとも活躍しているヴァイオリニストの一人、アラベラ・美歩・シュタインバッハーの演奏で。後半は打って変わって暴力的と評されるバーバリズム(原始主義)の世界へと迷い込みます。ゆがみながら炸裂する響き、千変万化する拍子・・・20世紀最大の作曲家ストラヴィンスキーが遺した傑作《春の祭典》が、小林研一郎の華麗なる指揮から導き出される。

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲/ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席:6,800円
A席:5,300円
B席:4,200円
P席:3,200円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

お問い合わせ

アプリで読む