Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京都交響楽団 第880回定期演奏会Bシリーズ/日本・ポーランド国交樹立100年記念

19/6/25(火)

サントリーホール 大ホール

日本・ポーランド国交樹立100年を記念して、ポーランド音楽界の巨匠にして、現代作曲界の重鎮クシシュトフ・ペンデレツキを11年ぶりに迎える。2009年にゲルギエフ指揮で初演された『平和のための前奏曲』は、文字通り平和を希求するかのような金管楽器と打楽器による力強く華やかなファンファーレ。代表作の一つである『メタモルフォーゼン』は、2017年にストックホルムでペンデレツキ指揮により同曲を演奏した庄司紗矢香が、都響との共演を強く希望して実現。現代曲の晦渋なイメージからは遠く、ショスタコーヴィチにも通じるような深みと美しさをたたえる音楽は、庄司の独奏によっていっそう陰影に富んだ表情を見せる。そして、熟練指揮者ペンデレツキの手腕が光るベートーヴェン。隅から隅まで味わえて、コンサートとしてのまとまりも感じていただける骨太なプログラム。

ペンデレツキ:『平和のための前奏曲』(2009)/ペンデレツキ:ヴァイオリン協奏曲第2番『メタモルフォーゼン』(1992-95)/ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席:7,500円
A席:6,500円
B席:5,500円
C席:4,500円
P席:3,500円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

管弦楽
東京都交響楽団
ヴァイオリン
庄司紗矢香

指揮:クシシュトフ・ペンデレツキ

お問い合わせ

アプリで読む