Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

港町

18/8/31(金)~

山口情報芸術センター(YCAM)ほか

想田和弘監督が手がける“観察映画“の到達点

ナレーションやBGMを排する“観察映画“と呼ぶ独自の手法でドキュメンタリーを製作し、国内外で高い評価を得ている映画作家・想田和弘の第7作目。前作『牡蠣工場』の撮影中に出会った岡山・瀬戸内市牛窓に住む人々の姿と言葉を、モノクロームの映像で感情豊かに映し出す。第68回ベルリン映画祭フォーラム部門へ正式招待された注目の1作。

『牡蠣工場』の撮影で岡山県牛窓を訪れた想田和弘は、撮影の合間に港を歩き回り、その最中に町の人々と出会う。穏やかな内海と小さな海辺の町に漂う孤独と優しさ、豊かな土地の文化や共同体、そしてそこで暮らす人々をモノクロームの映像で映し出していく。

上映情報

ジャンル
ドキュメンタリー
制作年・国
2018/日本=米
配給
東風=gnome
ヘッド館
シアター・イメージフォーラム
上映時間
122分
公開日
2018/4/7(土)

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play