Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

-版の美Ⅰ-浮世絵・新版画-幕末~昭和

18/4/8(日)~18/5/13(日)

茅ヶ崎市美術館

今年開館20年を迎える茅ヶ崎市美術館では、「版の美-板にのせられたメッセージ」を4回のシリーズで開催。同館では湘南地域ゆかりの美術家の作品を主に収集・展示しているが、活動を続けていくなかで収蔵作品の大半を版画作品が占めるようになった。これらをテーマごとに紹介することで、幕末から現代までの版画史を系統的にとらえることを試みる。また、秋の企画展として、同館が立地する高砂緑地に別荘を所有していた実業家・原安三郎氏の旧蔵作品により、情緒あふれる瑞々しい木版花鳥画が欧米でも高く評価されている小原古邨の過去最大規模となる展覧会を開催。同展も含めた4本の展覧会により、「版の美」に焦点を当てた展示を行う。その幕開けとなる「浮世絵・新版画-幕末~昭和」では、伝統木版の系統にある作品を特集。市内柳島の旧家・藤間家に伝わり、2017(平成29)年に同館に寄贈された浮世絵をはじめ、明治期に活躍した小林清親とその弟子・井上安治の風景版画、また伝統木版の手法をとりつつ、同時代の現役画家たちによる新作原画を用いて大正から昭和にかけて隆盛をみた「新版画」に携わった土屋光逸や川瀬巴水などの作品約130点を紹介する。高度な職人技により生みだされた浮世絵版画とその優れた伝統に拠りながらも、時代に即して誕生した木版画の新ジャンルである「新版画」。これらの伝統木版作品は現在もなお創られた時代の香気をはらみ、国内外を問わず多くの人々を魅了している。本展は、伝統木版作品を間近に見、作品の魅力に触れる場となるとともに、絵師(画家)や彫師、摺師がそれぞれに板に込めた思いを感じとり、その卓越した技量を実見することができる展覧会となっている。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00(入館は17:30まで)、月曜日休館(ただし4月30日は開館し、5月1日は休館)

料金

一般200円、大学生100円

※高校生以下、市内在住65歳以上は無料

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play