Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

この国の空

15/8/8(土)

テアトル新宿にて公開

名脚本家、荒井晴彦が久々の監督に挑む渾身作

『共喰い』『ヴァイブレータ』『海を感じる時』などを手掛ける日本を代表する脚本家、荒井晴彦が、18年ぶりに監督に挑んだ戦争ドラマ。芥川賞作家、高山有一が1983年に発表し、谷崎潤一郎賞に輝いた同名小説を基に、戦時下に一線を越えてしまった10代の女の子と妻子ある中年男の愛の行く末を描く。二階堂ふみと長谷川博己が主演を務める。

終戦間近の東京。19歳の里子は母と叔母とともに杉並の住宅街で空襲に怯えながら暮らしていた。戦況が悪化する中、彼女の心を癒すのは隣家の市毛のヴァイオリンの音色。そんな中、里子は妻子を疎開させ、ひとり身の市毛の身の回りの世話をすることになる。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play