Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

ミケランジェロと理想の身体

18/6/19(火)~18/9/24(月)

国立西洋美術館

「神のごとき」と称えられたイタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ。彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残したが、ミケランジェロ自身は自らを「彫刻家」と呼んだ。システィーナ礼拝堂の天井画について、「天井画は私の本業ではないので時間の浪費です」と父親への手紙に記し、「我は画家にあらず」という心の深い悲しみをうたった詩を友人に書き送っていることからもわかるとおり、ミケランジェロ芸術の神髄は彫刻にある。しかし、フィレンツェ・アカデミア美術館の《ダヴィデ》など彼の大理石彫刻の名作は、所蔵する各地で至宝とみなされているため、それらを紹介する展覧会の実現は、これまで日本では不可能であった。本展は、初来日となる、ミケランジェロが壮年期に生み出した傑作《ダヴィデ=アポロ》と彼の早熟な天才ぶりを示す初期の傑作《若き洗礼者ヨハネ》の2点を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点により、両時代に追求された男性美、理想の身体を紹介する。

開催情報

9:30~17:30 (入館は閉館の30分前まで、金・土曜日は21:00まで)、月曜日(7月16日、8月13日、9月17日、9月24日は開館、7月17日は休館)

料金

当日一般1600円、大学生1200円、高校生800円

※中学生以下は無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play