Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

国吉康雄と清水登之 ふたつの道

18/4/28(土)~18/6/17(日)

栃木県立美術館

国吉康雄(1889-1953)と清水登之(1887-1945)は、若くしてアメリカに渡り、働きながら美術を学ぶ。二人はともに1910年代から20年代初めのニューヨークで画家としての自己を確立し、国吉は日本画や古いアメリカ絵画の技法を取り入れた作品で、また清水は哀歓あふれる庶民の暮らしを描く作品で高く評価された。1920年代のパリもそれぞれに体験し、彼らの画業はさらに充実した。清水の日本帰国後も二人の友情は続き、清水は国吉の成功をたたえる文章を雑誌に寄稿している。ところが彼らは後半生において大きく異なる道を歩むことになった。国吉は日米開戦後もニューヨークの画壇や母校アート・スチューデンツ・リーグでの立場からアメリカに残り、清水との共通の友人でもある石垣栄太郎・綾子夫妻とともに日本の軍国主義に対抗する活動を行う。一方、1927(昭和2)年に帰国した清水は早くから戦争を主題とする作品に取り組み、中国や東南アジアの戦場に従軍したのだ。清水はその名も誕生の地、紐育(ニューヨーク)に由来する愛息育夫をアメリカとの戦争で喪い、深い悲しみの中で1945(昭和20)年12月、疎開先の栃木の生家で没する。明治末、青雲の志を抱いて渡米し、1910年代から20年代のニューヨークで深い親交を持ちながらも、戦争によって異なる道を歩まざるを得なかった二人の日本人画家。本展では20世紀前半の日本とアメリカに生きた彼らの生涯と作品を、福武コレクションと岡山大学国吉康雄研究講座の協力を得て対比する。また彼らと共にニューヨークで活動した日本人画家(石垣栄太郎、古田土雅堂、清水清)や、アート・スチューデンツ・リーグでの彼らの師(ジョン・スローン、ジョージ・ベローズ)らの作品もあわせて展示する。

開催情報

9:30〜17:00(入館は16:30まで)、月曜日(4月30日は開館、5月1日は休館)

料金

一般800円、大高生500円

※中学生以下無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play