Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

N響オーチャード定期 2018-2019シリーズ<第101回>

19/1/6(日)

オーチャードホール

世界中から注目されるフランス出身の気鋭のマエストロ、ステファヌ・ドゥネーヴがN響オーチャード定期に初登場し、十八番のフランス音楽を振る。ラヴェルの「マ・メール・ロワ」では、「マザー・グース」に基づく、童話の世界が描かれる。「亡き王女のためのパヴァーヌ」はしっとりとした美しい小品。「ラ・ヴァルス」は、ウィンナ・ワルツへのラヴェル流のオマージュ。どれも管弦楽法の魔術師といわれたラヴェルの彩り豊かなオーケストレーションが堪能できるに違いない。もう一人のフランスの作曲家、シャブリエの狂詩曲「スペイン」では、エキゾチックな高揚が聴ける。イェウン・チェは、ムターにその才能を認められた、韓国出身の気鋭の女性ヴァイオリニスト。名曲メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が楽しみ。

シャブリエ:狂詩曲「スペイン」/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64/ラヴェル:組曲「マ・メール・ロワ」/ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ/ラヴェル:バレエ音楽「ラ・ヴァルス」

公演情報

ジャンル
オーケストラ/ピアノ/他

未就学児童は入場不可。開場中、N響メンバーによるロビーコンサートあり。曲目・出演者は予定のため変更の可能性あり。

料金

S席:8,800円
A席:7,300円
B席:5,700円

キャスト&スタッフ

メイン
NHK交響楽団

指揮:ステファヌ・ドゥネーヴ/ヴァイオリン:イェウン・チェ

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play