Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

山口蓬春といきもの―自然を愛でるこころ―

18/6/16(土)~18/9/24(月)

山口蓬春記念館

「花鳥画の、作品の優劣は、その作家の自然への愛の深さと、観察の力の如何とのみが決定すると謂っていい。」(山口蓬春「花鳥画を描く心」『邦画』4月号 昭和10年〔1935〕)
日本画家・山口蓬春は、長きにわたる画業のなかで風景画や静物画、そして花鳥画など一つのジャンルにとらわれることなく、実に様々な主題に取り組んだ。日本画の伝統的なやまと絵からはじまり、「蓬春モダニズム」と称された西欧近代絵画を彷彿させるモダンな作品、その画風は多岐にわたり、大正から昭和の日本画壇に大きな功績を遺した。そのなかでも花や鳥、小動物など"いきもの"を主題にした花鳥画は生涯を通じて最も描き続けたジャンルと言える。日常生活においても愛らしい花鳥をテーマにした古美術品に親しみつつ、愛犬をわが子同然にかわいがる蓬春。そんな彼の作品からは自然、そして生命への愛情に根ざした造形に対する深い理解を実感することができるだろう。
この展覧会では、蓬春の作品とより選った古美術品のコレクションより"いきもの"をテーマとして、日本画家・山口蓬春の魅力をあますことなく紹介する。

開催情報

10:00~17:00(※入館は閉館の30分前まで)、毎週月曜日(7月16日、9月17日・24日は除く)、7月17日(火)、7月23日(月)~8月6日(月)、9月18日(火)休館

※前期:6月16日(土)~7月22日(日)、後期:8月7日(火)~9月24日(月・祝)
※会期中に一部展示替えを予定

料金

一般600円

※高校生以下無料
※20名以上の団体で一週間前までに予約した場合は100円割引
※障がい者の方は100円割引(同伴者1名を含む)

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play