Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

《耽溺》 2018 インク、紙、パネル 182 x 273mm Photo by Kei Okano

ましもゆき 耽溺

18/11/23(金)~18/12/16(日)

roppongi hills A/D GALLERY

花、蛾、文様などをモチーフに黒インク一色で綴られる緻密な絵画を描くましもゆき。重ねられた嘘や、黙殺され隠匿された醜さ、光の届かない漆黒の闇夜といった否定的なイメージをテーマとしている。官能的な欲望を匂わす作品からは妖しいエネルギーが満ち溢れており、エロスとグロテスクが共存するモノクロームの美の世界が存在している。今回の個展「耽溺」では欲望という醜い自我のもつ原動力としての可能性と、その美しい側面を執拗な筆致によって暴き出そうとしている。本展では大作を含む、最新作を発表。また、会期中にましも本人による「オリジナル花文字」を描くイベントも開催する。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~20:00、無休

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play