Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

午後の五時

04/7/3(土)

アフガニスタンの夢と現実一女性を通して訴えかける

昨年のカンヌ映画祭で審査員特別賞に輝いたサミラ・マフマルバフ監督によるメッセージ性の強い一篇。『…セプテンバー11』でも取り上げたアフガニスタンに再び出向き、現地で暮らす、監督と同じ22歳の女性(撮影時)にカメラを向け、“彼女の夢“をドラマの中で訴えていく。“大統領になって戦争をなくしたい“というストレートな叫びを、リアルな現実描写が支える。

タリバン政権崩壊後のアフガニスタン。ノグレは保守的な父に、なんとか宗教学校へ行くことを許された。しかし父の目を盗み、一般的な学問を学べる学校へ向かう。彼女の夢は、女性初の大統領になることだったのだが……。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play