Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

名作展「古典と革新 画壇に挑みつづけた男」

18/12/22(土)~19/4/14(日)

大田区立龍子記念館

日本画家・川端龍子(1885-1966)は、「床の間」を飾ってきた旧来の日本画に対し、「会場芸術」を主張し、展覧会場において作品と時代、そして、観衆を結びつけることを目指した。そのために龍子は、大衆の関心の高い時事問題やそれまで扱われてこなかった革新的なテーマを日本画に取り込み、画壇の風雲児とも呼ばれた。しかし、並行して古典的なテーマにも龍子は挑み「古今相通ずるものがあるべき」と、その現代的なあり方を模索している。
本展では、唐の王維が芭蕉を雪景色の中に描いたという故事を現代化した《炎庭想雪図》(1935年)、稲荷明神の化身が刀匠の前に出現する能の演目を表した《小鍛冶》(1955年)、中尊寺金色堂に眠るミイラを描いた《夢》(1951年)等の展示を通し、龍子作品における古典と革新への試みを再考していく。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜16:30、月曜日(12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)、2月11日(月・祝)は開館し、12月25日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)は休館)、年末年始(12月29日(土)~1月3日(木))休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般200円、小中学生100円

※65歳以上(要証明書類)、未就学児は無料。

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play