Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

近代日本の花鳥画展

18/10/27(土)~18/12/16(日)

講談社野間記念館

花や鳥のたたずまいを、自然の風景の中で切り取る。花鳥画は、明治時代の洋画流入以降、科学的な観察や解剖学的感覚などにより、やがて近代的な発展をみせた。四季豊かな日本の季節ごとに見られる、花、鳥、虫などの生命の息吹は、日本画家たちの制作意欲はもちろん、私たち日本人すべての心情に情趣を呼び起こしてきた。明治を迎え、新たな表現の獲得にいそしんできた近代日本画壇にあって、花鳥画もまた生命感溢れるその美しさにより人々を魅了していったのだ。描かれた自然の中で清々しく生命のきらめきを放つ花と鳥の世界を堪能してほしい。

開催情報

10:00〜17:00、月・火曜日休館(祝休日の場合は水曜日以降に振替)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般500円、中高大学生300円、小学生以下無料

※20名から団体割引あり(要事前連絡)
※障害者手帳を提示のご本人様および同伴者1名様は無料

出品作家

横山大観、荒木十畝、川端龍子、安田靫彦、速水御舟

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play