Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

川瀬忍  作陶50年の間(ま)

18/11/23(金)~19/3/24(日)

菊池寛実記念 智美術館

青磁は、呈色剤に鉄分を用いた釉薬を還元焼成により青く発色させたやきものであり、古い歴史を持つ陶磁技法のひとつ。時代や地域により形、色とも多様性をみせるが、質の高い青磁は繊細な青の色、玉にもたとえられる艶や独特な質感を持ち、やきものならではの美をたたえている。川瀬忍(1950年~)は、自身の美意識を加味した独自の青磁を追求する、現代を代表する青磁作家のひとり。本展は作陶50周年を記念した展覧会である。作家の半世紀にわたる活動を見渡しつつ、「間」をキーワードに、その創作の秘密に迫る。

開催情報

11:00〜18:00、月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月25日、1月15日、2月12日、年末年始(12月28日~1月1日)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、大学生800円、小・中・高生500円

※未就学児は無料

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play