Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

宗方姉妹

『朝日新聞』に連載された長編小説を、松竹の名匠・小津が新東宝の資本で撮り上げた文芸作品。小津が得意とする平坦な日常感覚のリズムを刻む物語とは幾分趣を異にし、原作ものらしいドラマティックな展開が特徴。日本の古い習慣に準じて生きる姉と、束縛されず自由に生きる妹を対照的に描きながら、日本の社会を浮き彫りにしている。夫・亮助が失業し、やむなくバー勤めをする妻・節子。亮助は自信をなくし、暗く心を閉ざしている。夫のある身でありながら、姉がひそかに神戸の家具屋・田代に想いを寄せているのを知る妹・満里子は気が気でない。亮助、田代、そして姉に、満里子は正直な気持ちをぶつけていく。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play