Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

侍女の物語

ニュージャーマン・シネマの旗手として活躍し、今やドイツを代表する監督となったV・シュレンドルフ監督が、初めてアメリカ資本で撮った作品。近未来の北アメリカ大陸。右翼信奉者の手によってアメリカは崩壊し、新しくギリアッド連邦が建設された。しかし、環境汚染や原発事故などにより不妊症の女性が急増。そこで政府は、単なる子供を生むだけの女性(侍女)を養成し、それによって国家の安定を保っていた。だが、こうした社会制度を嫌い、国外逃亡を試みる人々もいた。ケイトもそうした人々の一人だったが、国境で捕らえられ、侍女として再教育される……。カナダの女性作家、M・アトウッドの小説をほぼ忠実に映画化したものだが、フェミニズムと現代社会への警告を込めた作品となっている。主演は監督トニー・リチャードソンを父に、そして大女優ヴァネッサ・レッドグレーヴを母に持つN・リチャードソン。ビデオ発売時タイトルは「闇の聖母/侍女の物語」。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play